• 独自のマニューシャ法(特徴点法)を自社開発しました。
    光学式指紋スキャナーで採取した30万指の指紋データ、光散乱方式指紋センサーで採取した5千指の指紋データ、並びに静電容量方式の半導体指紋センサーで採取した3千指の指紋データを解析し、それぞれの特性に適合したアルゴリズムを独自開発し、常に最先端の精度を追求しております。
  • 「照合」と「識別」
    生体を用いた本人の確認方法として「照合」と「識別」とは以下のとおり厳密に区分されて定義されています。当社は、その両方の分野でシステムのサポートを提供しております。

   ➣認証性能実績例
            ・本人誤拒否率(FRR)        0.05%以下
            ・他人誤受入率(FAR)        0.0002%以下
            ・検索識別速度                 100,000指/秒  (CPU能力:Pentium4 3GHz)
              ※弊社の光学式指紋スキャナ(FP-200LSC)使用時。
              ※弊社の認証精度については、「日本工業標準調査会」の「指紋認証システムの精度評価方法」(TRX0053)に従い、
                 厳密に評価作業を実施しております。

             ☞照合(Verification)  :「1:1」またはそれに匹敵する少数の指紋データとのマッチングを実施する
             ☞識別(identification):指紋データ・ベースから特定の指紋データを検索する(1:N(多)マッチング)
             ☞FRR : False Rejection Rate
             ☞FAR : False Acceptance Rate